ステップ別で就職活動に必要なことをお教えします

保育士さんの就活ガイド

働くまでの流れがすべてわかる!新卒保育士の就活基本のき

「保育士養成所を卒業したら、どうやって保育士として働いていけばいいんだろう?」
初めての就職活動を控え、そんな不安を抱えている新卒保育士さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな方に向けて、就職活動の流れについて解説します。

新卒保育士の就活スケジュール

保育業界は他の業界に比べて、次年度の職員配置を決めるのが遅めです。秋頃から現職員の意向を聞き、次の体制を考えていくケースが多くあります。
そのため他業界より遅れてエントリーや採用試験、面接が実施されることになります。内定が出るのが年末~2月頃というパターンが一般的なようです。

公立の保育園の場合は8月頃から一次試験・二次試験が始まり、私立の保育園の場合は6月頃からエントリーが始まって筆記試験・面接……といった選考を年末まで進んでいくケースが多いようです。
とはいえこれは一般的な例。事業所によってエントリー時期が違ったり、選考フローが大きく異なったりする場合もあるため、必ず確認するようにしましょう。

保育士試験を受ける場合は?

養成校に通っている場合は卒業と同時に資格を取得できるため、上記のようなスケジュールになりますが、保育士試験を受験する場合にはその試験のスケジュールも予定に組み込まなくてはいけません。

年に2回実施されている保育士試験か、地域によっては地域限定保育士試験のいずれかを受験してから、就職活動に挑むことになります。
(平成30年度後期保育士試験は筆記が10月21日(土)・22日(日)、実技が12月9日(日))

保育士試験については全国保育士養成協議会のサイトを、地域限定保育士についてはこちらの記事をご参考くださいね。

どうすればいい?就職活動の進め方

新卒保育士さんの場合、一般的には就職サイトや学校のキャリアセンターなどで情報収集を行い、興味のある事業所について調べたうえでエントリーを行います。
その後は説明会に足を運び、筆記試験や面接などの実際の選考に進みます。近年では自治体で合同説明会を開催している場合もありますし、保育士を対象として就業先を紹介する人材紹介会社もあります。
幅広く活用してみると、より多くの就業先からご自身の可能性を探ることができるでしょう。
内定から入職までに数か月ほど期間が空く場合、入職前に研修を実施する園もあります。

保育のお仕事for就活】でもお仕事探しのお手伝いが可能です!忙しい学業の合間でも、キャリアアドバイザーが求人を探してくれるので便利!
無料で利用できますので、活用してみてくださいね。

人材紹介会社を使うメリットは、こちらの記事でご確認ください。

編集者より

就職活動とはお見合いのようなもの。
自分自身の道を切り開くための戦いでもありますが、やはり”縁”がなければ良い就職は実現できません。

やらなくてはならないことがたくさんある中、また情報が溢れている中、応募先の園が自分に合っているかどうかを見極めるのは容易なことではありません。
しかし、待遇などの目先の魅力だけに注目して、自分自身の希望する働き方や大切にしたい保育観を見失っては、納得する就職は叶わないでしょう。

就職活動の流れをしっかりと把握し、何が必要なのかをいったん整理して、時間的にも精神的にもゆとりを持って就職活動を進めていってくださいね。
あなたにとってベストな就職が叶うよう、応援しています!